Shortcut Icon</a></h1>
        </td>
      </tr>
      <tr>
        <td colspan=

 マイページにログイン |ご利用案内お問合せ資料請求サイトマップよくあるご質問

 個人情報の取り扱いについて  |  特定商取引法に関する表示  |  お店案内 

美味しく食べて健康管理 管理栄養士 ご家庭に健康管理食をお届けします

彩食健美会社案内
ダイエットコースのご注文コースご案内はこちらからご覧ください。
フードマイスターの栄養学
新規会員登録で500ポイントをプレゼントいたします。
ポイントの上手なご利用方法
腎臓病食のたんぱく質を9gに調整するには医学的で栄養学的な理由があります
新商品開発
お品書き130種類のご案内
安心クレジットシステムですから安心です。
5回も「医療・介護部門」でネットショップ大賞受賞を受賞しております。多くのお客様から信頼されご利用いただきました結果と受け止めております。
ご利用のお客様の声
ダイエットモニターさんのブログ公開
定期コースの献立予定表
定期コースの新メニュー紹介
カタログのダウンロード
priceb
 特殊療養食 
たんぱく制限が厳しい方は、普通のご飯では身体に悪影響を及ぼすために、低たんぱく質のご飯をお届けいたします。
 腎臓病の豆知識
腎臓病食事療法
腎臓病の基礎知識はこちらからお進みください。
腎臓の働きを知るには、こちらからお進みください。
腎臓病食事のアドバイス
糖尿病の豆知識   
糖尿病食事療法を知るにはこちらからお進みください。
糖尿病の基礎知識はこちらからお進みください。
糖尿病で本当に怖いのは合併症です。こちらからご覧ください。
糖尿病食事のアドバイスをさせていただいております。こちらからお進みください。
高血圧の豆知識 
高血圧食事のアドバイスをさせていただいております。こちらからお進みください。
 栄養バランス重要性 
健康のためには栄養バランスが大切です。こちらからお進みください。
毎日の調理で奥様は大変ですね、たんぱく調整食やカロリー調整食や塩分調整食など、健康維持のために欠かせないお食事です。お忙しい奥さんに変わりまして美味しく調理いたしました。是非お召し上がりください毎日の調理で奥様は大変ですね、たんぱく調整食やカロリー調整食更に塩分調整食など、健康維持のために欠かせないお食事です。お忙しい奥さんに変わりまして美味しく調理いたしました。是非お召し上がりください
◆ 「以前よりも美味しくなったね!」多くのお客様からお褒めいただきます。厚生労働省の新基準に基づき「塩分量」を減量し「旨み栄養素」を増量したからかもしれません。健康と生命に関わる「ご家庭用の療養食」調理は難しく、数ある食品調理会社でも高度なノウハウと技術を持つ会社が少ない中、弊社は、ネットショップ約1万9千社中「医療・介護部門」において5回も大賞を受賞した実績を持つ会社です。食事のことで悩まずに済むと折り紙付きですので、一度はお試しください!
腎症・腎不全など
下をクリック(タップ)
透析治療
下をクリック(タップ)
糖尿・腎症・腎不全
下をクリック(タップ)
高血圧・心臓病
下をクリック(タップ)
たんぱく調整食・腎臓病食の宅配食 人工透析食・人工透析食の宅配食 たんぱく・カロリー調整食・糖尿病性腎症食の宅配食 塩分制限食のページへ
糖尿病
下をクリック(タップ)
糖尿病
下をクリック(タップ)
栄養バランス普通食
下をクリック(タップ)
カロリー制限 
下をクリック(タップ)
カロリー調整食・糖尿病・膵臓病食の宅配食 カロリー調整食・糖尿病食の宅配食 カロリー調整食・バランス栄養食の宅配食 カロリー制限ダイエット食の宅配食
一人分の成分調整は計算が大変ですまた療養食は味が物足りない方が多いのですが、弊社の食事はそこに工夫を凝らしております。緊急に欲しい場合や。ご両親のプレゼントも承ります。 

フリーダイヤルで、わかりにくいことや、もっと詳しい情報をお問い合わせくださいませ。健康管理士の資格を持ったスタッフが対応いたします。

 
 
彩食健美の腎臓病食・人工透析食・糖尿病食・ダイエット食・塩分制限食の宅配食の特徴


手作り健康食は、腎臓病・糖尿病・高血圧・心臓病などを悪化させないために身体機能に適応する食事です。
腎臓病系の療養食・・・腎症・ネフローゼ・人工透析治療・糖尿病性腎症などの療養食(冷凍弁当タイプ)は、
高エネルギー・たんぱく制限・塩分制限・カリウム制限・リン制限の成分調整をしております。

高エネルギーを、たんぱく制限調理することは難しく、細かい計算や、カリウムの煮こぼし等手間がかかります。
一般的に、低たんぱく高カロリー食は、揚げ物メニューが多くなりがちですが、弊社では揚げ物に偏らない140種類以上の献立を揃えております。
たんぱく制限が厳しい場合、低たんぱくご飯をご利用頂くと、主食量を減らさずたんぱく制限できます。

糖尿病系療養食・・・一日のカロリー制限が1800Kcal未満の方用の糖尿病食200Kcal、1800Kcal以上の方用の糖尿病食240Kcalの
2タイプの療養食を調理しておりますのでお医者様の指示通りにお選びください。

糖尿病食200Kcalは、1食(オカズのみ)200Kcal、糖尿病食240Kcalは1食(オカズのみ)240Kcalに調整済みです。

高血圧・心臓病などの方には、塩分1食あたり2g以下に制限の塩分制限食がお薦めです。
生活習慣病のリスク軽減に体脂肪を減らし、体重も減量するための「ダイエットプログラム」も人気です。
「モニターさん」がダイエット効果を体験され、モニターさんのブログで公開、その効果をお確かめください。
 
 
 彩食健美は生活習慣病と戦う御家族を応援します
 

新たな国民病と言われるCDK(慢性腎臓病)患者数は、1330万人を超えると推定され、人工透析治療を受けている患者数は
30万人にも達すると言われております。

慢性腎臓病の原因としては、糖尿病性腎症・高血圧や加齢(動脈硬化)に伴う腎硬化症・慢性糸球体腎炎に伴う慢性腎臓病・その他があげられます。

慢性腎臓病の方が病気の進行を遅らせるためにお召し上がりいただく、たんぱく調整食(腎臓病食・人工透析食・糖尿病性腎症食)を3種類の
食事をご用意いたしました。

腎臓病用療養食は調理が難しく世の奥様方を困らせています。たんぱくを制限しながらカロリーを保つために、揚げ物に偏りがちなものが
一般的に出回っている腎臓病食ですが、彩食健美の腎臓病食は揚げ物に偏らぬよう特殊なノウハウを確立しております。

糖尿病患者数は、約700万人、予備軍を含めると約2300万人ともiいわれており、世界的に見ると患者数は第9位にランクされております。

慢性腎症の原因、第一位は糖尿性腎症ですから、糖尿尿病の進行を食い止めるための食事療法が大変重要なわけです。

糖尿病の方が病気の進行を遅らせるためにお召し上がりいただく、カロリー調整食(糖尿病食・ダイエット食)は3タイプのカロリー食を
ご用意いたしました。

高血圧や心臓病の方にお召し上がりいただく、塩分制限食も含めて弊社では、職歴30年以上のプロの料理人と病院給食ベテランの
管理栄養士監修レシピのもと、安全な食材のみを厳選して調理段階で食品添加物は使わずに加工食品も極力避けて、一品一品栄養成分を
調整調理した手作りの成分調整食です。


ご病気で毎日の栄養管理が必要な方や、ご高齢でお一人暮らしの方、生活習慣病予防やダイエットなどに効果的で安全便利なお食事です。

一品一品栄養成分を調整した「手作り食」を冷凍状態で全国のご家庭に送料無料で宅配いたします。

成分調整食は、エネルギー・たんぱく質・塩分・脂質・炭水化物・カリウム・リンなどの含有を正確に計算して、下ごしらえから手作りで行うことを
基本にして、急速冷凍したものを新鮮なうちに宅配いたします。

たんぱく質を調整した腎臓病食や人工透析食・糖尿病性腎症食、低塩分に調整した塩分制限食、低カロリーに調整した、糖尿病食や
カロリー調整食、塩分を調整した塩分制限食など豊富な宅配コースからお客様の目的に合ったお食事をお選びいただけます。

商品は保健センターおよび検査機関で製品栄養成分分析検査を行うなど、安全性が守られて良質の「宅配食」を全国にお届けしております。

腎臓病食・低カロリーの糖尿病食・低塩分の塩分制限食・低カロリーのダイエット食は「彩食健美」の宅配サービスをご利用くださいませ。 


 
 
日頃から生活習慣病の予防に心がけましょう 

日本人の三大死因は、ガン・脳卒中・心臓病です。最近はこれらの原因でもある、高血圧・高脂血症・糖尿病・腎臓病などが増加傾向にあります。
加齢や遺伝的な要因だけではなく、不適切な食生活・運動不足・過度の飲酒・喫煙・ストレスといった 「生活習慣のゆがみ」 が深く関与しています。
以前は加齢とともに起こる病気と考えて「成人病」と呼んでいましたが、これらの病気が近年は子供にも発病が見られることから 「生活習慣病」 と
呼ぶようになりました。

血圧の安定、肥満の予防、糖代謝の健全化、脂質燃焼は、毎日の生活改善が重要です。
生活習慣病の予防のために、食生活のみでなく心と身体の健康にも気を配りましょう。
・ 喫煙 ・ 運動不足 ・ 不適切な食生活 ・ 過度のストレス・ 過度の飲酒 等の改善に心掛けましょう。

生活習慣病予防のためのポイント

腹八分目で肥満を防ぎましょう!
肥満はインスリンの働きを悪くし、動脈硬化をひきおこすなど生活習慣病のもととなります。 
早食い・ながら食い・まとめ食いは食べ過ぎのもととなり、肥満につながります。食事はゆっくり楽しく味わって食べましょう。

・ 標準体重(Kg)=身長(m)×身長(m)×22   体重が標準体重を10%を超えると肥満とみなします。
・ 理想体重(Kg)=身長(m)×身長(m)×21   ただし痩せている人でも、筋肉が少ない、隠れ肥満もあります。
 (基礎代謝量が高い方は、筋肉量が多く、標準体重が多くても肥満とは見なせません。)
・ 1日に必要なカロリー(摂取エネルギー)=標準体重に25~35Kcalをかけた数  
  例えば・・・身長160cmの人は  標準体重=1.6×1.6×22=56.32 
  摂取エネルギー=56.32×25~35=1408~1971   1408~1971Kcalが
  一日に必要なカロリーです。

野菜や海藻、豆・大豆製品をたっぷりと!
バランスの取れた食事野菜や海藻、豆・大豆製品は、食物繊維がたくさん含まれています。
食物繊維には糖質や脂肪の吸収を遅らせて、満腹感を持続させる作用があります。また、
腸内のコレステロールを吸着して便とともに排出し、血液中のコレステロールを低下させる
働きもあります。
さらに、野菜や海藻に多く含まれるビタミン・ミネラルはがんや動脈硬化を防ぎます。
日ごろからたっぷりとりましょう。

魚料理を食べよう!
背の青い魚(サバやイワシ)に多いEPAやDHAは不飽和脂肪酸で、血液をさらさらにしてくれます。
積極的に食べましょう

植物性の脂質と動物性の脂質の比は 2:1 で
脂質の割合、2:1魚以外の動物性脂質には飽和脂肪酸が多く含まれ、血液中のLDLコレステロール
(悪玉コレステロール)を上昇させる働きがあるので、摂りすぎは禁物です。ただし、
魚や植物性脂質である不飽和脂肪酸もとりすぎると脳出血の原因になることもありますので
バランスよくとりましょう。
植物性脂質(魚油を含む) : 動物性脂質= 2:1 の割合で。

塩分は控えめに! ミネラル塩をとろう!
意外と気づかずにとっているのが、外食や加工食品に含まれている塩分です。練り製品や
お総菜などの調理食品はとりすぎない方が無難です。
また、食卓塩よりもミネラルバランスのとれた天然塩をとりましょう。


こまめに歩く習慣を!
ウォーキングウォーキングなどの有酸素運動は、HDLコレステロール(善玉コレステロール)を
上げたり、インスリンの働きを良くするなどの効果があります。
駅や会社などで階段を使ったり1つ手前のバス停で降りたりして歩く機会を増やしましょう。
万歩計を使っても励みになります。毎日こまめに身体を動かす生活を心がけましょう。

禁煙につとめましょう!
体を蝕むタバコは血圧を上昇させ、動脈硬化を促進します。また、肺がんだけではなく、
胃潰瘍や気管支炎、喉頭がんや胃がんなどをひきおこします。
タバコがやめられないのは、意思が弱いのではなく、ニコチンの禁断症状のせいです。
ニコチンの禁断症状は1~2週間経てば軽減します。
気を紛らわす方法を見つけ、まずは休煙するつもりで、チャレンジしましょう。


過度の飲酒は要注意! 週に2日は休肝日を!
過度の飲酒は肝臓の機能を悪くするほかに、中性脂肪を増やし、動脈硬化を助長します。
週に2日の休肝日をつくり、適度な量(1日に日本酒1合、またはビール大ビン1本程度)を刺身や豆腐など、
良質のたんぱく質をつまみにして楽しく飲みましょう。

スト
レスをためない10のポイント
「気分転換をしましょう」と言っても難しいので、考えない時間(空白時間)を多く作りましょう。

自分の時間を持つようにしましょう。仕事や家事ばかりに追われて「自分を楽しむ贅沢な時間」を忘れぬようにしましょう。
趣味を楽しみましょう。趣味とは…時間が経つのを忘れて没頭できる「何か」です。
睡眠をしっかりとりましょう。眠れないときは運動で身体を疲れさせることで眠りやすくなります。
疲れたときには十分休みましょう。
不満などを我慢しすぎないようにしましょう。発散することで「自己の開放」をしましょう。
問題をひとりで抱え込まないようにしましょう。問題は解決することよりも分散(シェア)する方が良いのです。
失敗やミスを気にしすぎないようにしましょう。気にしても過去は変えられません。前向きに!
完全主義にならないようにしましょう。世の中に完全はありません! 
 
ページトップ      

スマートフォン版